ダイエット・レシピ!簡単 > た行ダイエット

大腰筋ダイエット

大腰筋ダイエットは、大腰筋を鍛え、下腹部の脂肪を燃焼させるダイエット法です。下腹部のダイエットに悩んでいる方に適しています。またウォーキングなどと異なり、自宅でできるのことが魅力です。2日に1回10分間行いましょう。

チューブトレーニングダイエット

チューブトレーニングダイエットは、チューブより筋肉を強化し、基礎代謝をアップさせるダイエット法です。基礎代謝がアップすれば、太りにくい体となります。チューブを使用すれば、効率よく筋肉を強化することができます。チューブトレーニングは、15分以上行いましょう。そして週に3回以上行いましょう。
チューブは、ホームセンターなどで比較的低価格で購入できます。

ダンベルダイエット

ダンベルダイエットは、ダンベルより筋肉を強化し、基礎代謝をアップさせるダイエット法です。基礎代謝がアップすれば、太りにくい体となります。ダンベルは、ウェイトトレーニングなどに利用されています。ダンベルを使用すれば、効率よく筋肉を強化することができます。ダンベル運動は、週に3回以上は行いましょう。
なおダンベルの代わりに電話帳・マンガ・雑誌・水の入ったペットボトルでも代用できます。

ダイダイダイエット

ダイダイダイエットは、ダイダイにより脂肪の分解を促進するダイエット法です。ダイダイは、シネフリンが多く含まれている未成熟な果実を食べます。シネフリンは、多くの柑橘類に含まれていますが、成熟すると減少します。脂肪を効率よく燃焼させる為、ダイダイは仕事などの活動前や有酸素運動前に食べましょう。

テアニンダイエット

テアニンダイエットは、テアニンによりイライラやストレスを和らげ、食べ過ぎや間食の誘惑に打ち勝つダイエット法です。テアニンは、緑茶に多く含まれているので、積極的に飲みましょう。テアニンは、ぬるま湯によくとけ出すので、お茶はぬるま湯で入れましょう。

糖尿病食ダイエット

糖尿病食ダイエットは、糖尿病食を食べて痩せるダイエット法です。毎食糖尿病食を食べます。ただし糖尿病食を自分で作る場合には、食品成分の知識やエネルギー計算が必要となります。最初は食品メーカーの糖尿病食・半調理品・冷凍食品などを利用しましょう。そして知識習得後、自分で糖尿病食を作りましょう。

デトックスダイエット

デトックスダイエットは、体内から毒素を出して体内循環を活性化し、脂肪を燃焼しやすくするダイエット法です。デトックスダイエットでは、体内から毒素を出す為に食物繊維が豊富に含まれている豆類・野菜・海草や水分を積極的に摂ります。

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットは、炭水化物の摂取量を減少させ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。3食の内1食のご飯・パンを控え、高たんぱくの豆腐などを代わりに食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。
なお脳の活動には、1日90グラムの炭水化物が必要です。90グラムの炭水化物は、お茶碗約2杯分のご飯に相当します。

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエット(低インスリンダイエット)は、インシュリン(インスリン)の分泌を抑制し、脂肪を蓄積させないダイエット法です。GI値(グリセミック・インデックス)の高い食物を控え、GI値の低い食物を代わりに食べます。主食である精白米・食パン・うどんを控え、玄米・小麦全粒粉パン・日本そばを代わりに食べます。また下記に記述されている食べて良い食品を積極的に食べ、食べない方が良い食品を控えます。

食べる順番ダイエット

食べる順番ダイエットは、食事の量を変えずに食べる順番を変え、脂肪を蓄積させないダイエット法です。最初に野菜・豆類・海草などの食物繊維を多く含む食品を食べます。次に肉類・魚などのたんぱく質と脂質を多く含む食品を食べます。そして最後にご飯・パン・麺類などの炭水化物を多く含む食品を食べます。

杜仲茶ダイエット

杜仲茶ダイエットは、杜仲茶を飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。杜仲茶は、仕事などの活動前や有酸素運動前に飲みます。活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事中に飲むと満腹中枢を刺激することもできます。
杜仲茶は、10グラムの杜仲茶の茶葉をお茶にして飲みます。

豆乳ココアダイエット

豆乳ココアダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制し、ココアにより満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳ココアを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
豆乳ココアは、豆乳にココアを混ぜたものです。なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

豆乳バナナダイエット

豆乳バナナダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制し、バナナにより腸内環境を改善するダイエット法です。3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳バナナを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
豆乳バナナは、豆乳とバナナをミキサーに掛けたものです。なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

豆乳ダイエット

豆乳ダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制するダイエット法です。豆乳は、毎食30分前に飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

唐辛子ダイエット

唐辛子ダイエットは、唐辛子の摂取と有酸素運動を組み合わせ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。唐辛子は、有酸素運動前に摂取します。ただし唐辛子をそのまま食べることはほとんどないでしょう。キムチやマーボー豆腐を食べましょう。なお唐辛子に含まれているカプサイシンは、一味唐辛子・七味唐辛子・タバスコ・ラー油・トウバンジャン・コチュジャンなどの調味料に含まれています。上手に利用しましょう。

チョコレートダイエット

チョコレートダイエットは、チョコレートを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。チョコレートは、毎食30分前に食べます。1日に食べる量は50グラムです。チョコレートは、食事の回数に合わせ、配分しましょう。食べ過ぎは禁物です。なおチョコレートは、カカオの含有量が70%以上で、糖分・脂肪分の少ないものを選びましょう。

ドライフルーツダイエット

ドライフルーツダイエットは、ドライフルーツを噛むことにより満腹中枢を刺激するダイエット法です。ドライフルーツは、1日80キロカロリー分食べます。ドライフルーツは、水分が少なく噛み応えがあり、満腹中枢を刺激することができます。食事量の削減を考えると食前に食べるのが良いでしょう。また朝食代わりにドライフルーツとヨーグルトを食べる方法もあります。

大豆ダイエット

大豆ダイエットは、大豆を食べ、脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。3食の内1食を大豆中心の食事にします。欧米化された食事を以前日本人が食べていた食事に戻すと考えましょう。大豆中心の食事には、大豆・根菜・コンニャクなどを使った煮物が良いでしょう。煮物にすることにより噛む回数を増やし、満腹中枢を刺激することができます。納豆・豆腐などの大豆食品も上手に利用しましょう。

豆腐ダイエット

豆腐ダイエットは、豆腐を食べ、カロリーを削減するダイエット法です。3食の内1食を豆腐中心の食事にします。豆腐料理では、マーボー豆腐やチゲ鍋が簡単かもしれません。また豆腐や野菜を入れた味噌汁も良いかもしれません。豆腐を利用していろいろの料理に挑戦しましょう。

玉ねぎダイエット

玉ねぎダイエットは、玉ねぎにより脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。玉ねぎは、味噌汁やスープの具にして食べるのが簡単かもしれません。玉ねぎをスライスにして、サラダとして食べるのも簡単です。また玉ねぎをジュースにして飲む方法もあります。
玉ねぎジュースは、玉ねぎを電子レンジで加熱(400ワット5分間位)し、冷ました後に水と一緒にミキサーにかけたものです。もし飲みずらければ、オレンジジュースや蜂蜜などで味を調整しましょう。

▲このページのトップへ

広告