ダイエット・レシピ!献立 > その他のダイエット

早口言葉ダイエット

早口言葉ダイエットは、顔痩せに適したダイエット法です。また早口言葉は、口や舌を動かすことによって、脂肪を燃焼させることもできます。なお早口言葉ダイエットは、顔や首の筋肉のマッサージ組み合わせて行いましょう。

アジアンフードダイエット

アジアンフードダイエットは、スパイスやハーブなどを積極的に摂取するダイエット法です。アジアンフードには、唐辛子・生姜・ウコン(ターメリック)などのスパイスなどが多く使用されています。アジアンフードは、活動量が多くなる午前中や昼間に食べるのがおすすめです。

鼻呼吸ダイエット

鼻呼吸ダイエットは、効率よく酸素を取り入れ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。鼻呼吸ダイエットでは、朝食3分前に鼻呼吸しながら軽い運動をします。なお鼻呼吸は、普段の生活にも応用でき、風邪などの予防にも役立ちます。

ゲルマニウム温浴ダイエット

ゲルマニウム温浴ダイエットは、新陳代謝を活発にし、脂肪を燃焼しやすくするダイエット法です。ゲルマニウム温浴は、手足を42~43度の有機ゲルマニウムに浸します。なおゲルマニウムは、難病を治す奇跡の泉として、ピレネー山脈の麓にあるルルドの泉が注目を集めて話題となりました。
人間の手足には、人体の三分の二もの抹消神経が集中しているそうです。手足を有機ゲルマニウムで温めるとゲルマニウム成分が体内を循環し、新陳代謝を活発にするそうです。新陳代謝が活発になれば、脂肪が燃焼しやすくなったり、体内の毒素や老廃物を排出しやすくなるそうです。なお20分のゲルマニウム温浴は、約2時間のエアロビクスの効果に等しいと言われているそうです。
ゲルマニウム温浴は、温泉施設やスパを活用しましょう。なおネットでは、自宅でゲルマニウム温浴ができる商品が販売されているそうです。


ゲルマニウム温浴のポイント
☆手足を42~43度の有機ゲルマニウムに浸す

日記ダイエット

日記ダイエットは、食事・行動(運動)・体重などを記録し、肥満の原因を探り、改善するダイエット法です。以前話題となったレコーディングダイエットも日記ダイエットの一種です。なお日記ダイエットは、アメリカで生まれました。

冷湿布ダイエット

冷湿布ダイエットは、褐色脂肪を刺激し、効率よくエネルギーを消費させるダイエット法です。冷湿布は、就寝前に褐色脂肪が多い首筋・肩甲骨の間・腰に貼ります。なお冷湿布ダイエットは、夏場がおすすめです。

地中海式ダイエット

地中海式ダイエットは、肥満や成人病になりにくいと言われている地中海料理を食べるダイエット法です。地中海料理は、魚介類・野菜・ハーブ・オリーブオイルが多く使われ、肉や乳製品が少ないのが特徴です。

褐色脂肪ダイエット

褐色脂肪ダイエットは、褐色脂肪を刺激し、効率よくエネルギーを消費させるダイエット法です。褐色脂肪は、起床後シャワーで首の後ろ・背中の肩甲骨あたり・脇の下・心臓の周囲・腎臓の周りを温水と冷水を交互に約20秒ずつ当て、刺激します。

ミラーダイエット

ミラーダイエットは、体型を鏡でチェックし、自覚を促すダイエット法です。体型のチェックは、毎日入浴時や入浴後に行いましょう。服を着ている時、自分の現状を正確に認識できます。

岩盤浴ダイエット

岩盤浴ダイエットは、新陳代謝を活発にし、脂肪を燃焼させるダイエット法です。岩盤浴は、週2~3回行います。岩盤浴は、温められた天然鉱石(ラジウム石・ブラックシリカなど)の上で横になり、湯船に入らない温熱浴です。

モーツァルトダイエット

モーツァルトダイエットは、ストレスを解消し、食べ過ぎを防止するダイエット法です。食べ過ぎや肥満の一因であるストレスを解消することにより、食事量を適量にします。

夕食早めダイエット

夕食早めダイエットは、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。夕食は、午後9時までに済ませます。なお午後9時まで夕食が済ませられない場合、就寝前の2~3時間前済ましましょう。夕方から夜間は、副交感神経の働きが活発になり、食物が脂肪として蓄積しやすくなります。

リセットダイエット

リセットダイエットは、1週間短期集中型食事制限ダイエットです。リセットダイエットでは、1週間決められた食事によって体重の削減と味覚を正常に戻します。リセットダイエットでは、炭水化物・糖質・脂肪、そしてそれらが含まれる調味料・糖質が多く含まれる芋類が厳禁となります。但しそれ以外の食材なら量を気にせず食べることができます。

足指しばりダイエット

足指しばりダイエットは、両足の親指をしばり、ウエストを引き締めるダイエット法です。足指しばりは、テレビを見ながらでも寝ながらでも簡単にできます。また輪ゴム以外に道具は必要ありません。簡単なので毎日行いましょう。

半身浴ダイエット

半身浴ダイエットは、少しぬるいお風呂に入浴することにより胃腸の働きを緩慢にさせ、食事量を減少させるダイエット法です。半身浴ダイエットは、食前に行います。普段より少しぬるい38~40度のお湯に15分以上入浴します。半身浴は、長時間入浴できるのでリラックスすることができます。

高温反復浴ダイエット

高温反復浴ダイエットは、高温のお風呂に入浴を繰り返すことにより胃腸の働きを緩慢にさせ、食事量を減少させるダイエット法です。高温反復浴は、食前に行います。普段より少し熱い42~43度のお湯に、3分間入浴することを繰り返しします。お風呂が好きな方に最適です。

噛み噛みダイエット

噛み噛みダイエットは、食物をよく噛み、満腹中枢を刺激して食事量を減少させるダイエット法です。食物をひと口に30~50回噛みます。普段あまり食物を噛んで食べていない方は、先ず30回から始めましょう。噛み噛みダイエットは、ほとんどの食物に応用できますが、柔らかい食物にはあまり適していません。食物繊維が豊富に含まれている豆類・野菜・海草などを積極的に食べましょう。

洗濯バサミ髪しばりダイエット

洗濯バサミ髪しばりダイエットは、洗濯バサミで髪をしばり、筋肉を緊張させてエネルギーを消費されるダイエット法です。反射点の髪を洗濯バサミでしばるだけなので簡単にできます。毎日行いましょう。

耳ツボダイエット

耳ツボダイエットは、耳ツボの刺激により食欲中枢を刺激し、食欲を抑制するダイエット法です。食前30分前に耳のツボを5~8秒押します。耳のツボは、指やつまようじの頭で押しましょう。ツボを押すだけなので、誰にでも簡単にできます。なお耳のツボを押してすぐに効果が出るものではありません。

香りダイエット

香りダイエットは、香りにより交感神経を刺激し、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。香りは午前中や昼間に嗅ぎます。ハーブや柑橘類の香りには、交感神経の働きを活発にし、脂肪の燃焼を促進させる働きがあると言われています。なお夜間に香りを嗅ぐと交感神経が活発になり、眠れなくなるので注意しましょう。

エピキュリアンダイエット

エピキュリアンダイエットは、快い・気持ちいい・楽しい・美味しいという感情を持てる食事や運動をするダイエット法です。一般的なダイエットには、食事制限や運動がつきものです。この食事制限や運動がダイエットの続かない原因かもしれません。エピキュリアンダイエットは、何々を食べてはいけない、何々をしなくちゃいけないといった我慢や努力を必要としません。快い・気持ちいい・楽しい・美味しいという快楽感情を積み重ねながらダイエットを行ないます。例えば美味しければ何度となく食べたくなります。また気持ちよければ運動もしたくなります。マラソンでは、ランナーズハイという気持ち良くなる現象があります。他人からは苦しく見えることでも本人には気持良いことなのです。快い・気持ちいい・楽しい・美味しいという感情を持てる食事や運動を始めましょう。そして続けましょう。

糖尿病食ダイエット

糖尿病食ダイエットは、糖尿病食を食べて痩せるダイエット法です。毎食糖尿病食を食べます。ただし糖尿病食を自分で作る場合には、食品成分の知識やエネルギー計算が必要となります。最初は食品メーカーの糖尿病食・半調理品・冷凍食品などを利用しましょう。そして知識習得後、自分で糖尿病食を作りましょう。

油ぬき・脂ぬきダイエット

油ぬき・脂ぬきダイエットは、油脂の摂取量を必要最小限にし、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。油ぬきでは、油を使わない調理法である煮る・蒸す・焼くで調理します。フライパンを使用する場合、テフロン加工のフライパンを使用し、油を控えます。脂ぬきでは、脂身の少ない鳥のささみ肉などを食べます。

1日4食ダイエット

1日4食ダイエットは、1日に4回食事をすることにより血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。1日3回で食べていた食事量を4回に分けて食べます。1日の食事量やカロリーが増えるわけではありません。1回の食事で食べ過ぎないようにしましょう。
なお仕事などをしている場合、現実的にできないことも多いでしょう。無理なくできる範囲で実践しましょう。

1日1快食ダイエット

1日1快食ダイエットは、脳疲労を取り除き、食事量を正常に戻して痩せるダイエット法です。3食の内1食に好きなものを好きなだけ食べます。フランス料理でも中華料理でも食べたいものを思いっきり食べます。1日1快食は、3食の内どの食事で行っても大丈夫です。もし1日1快食を夕食にする場合、翌日の朝食は胃を休ませる為にお茶・ジュース・みそ汁・スープなどの水分だけをとりましょう。昼食は、うどん・そばなど消化の良いものを食べ、夕食までつなぎましょう。間食する場合、お菓子ではなくフルーツを食べましょう。

デトックスダイエット

デトックスダイエットは、体内から毒素を出して体内循環を活性化し、脂肪を燃焼しやすくするダイエット法です。デトックスダイエットでは、体内から毒素を出す為に食物繊維が豊富に含まれている豆類・野菜・海草や水分を積極的に摂ります。

ハリウッドダイエット

ハリウッドダイエットは、炭水化物・たんぱく質・脂肪の摂取比率を4対3対3することにより脂肪を蓄積させないダイエット法です。ハリウッドダイエットは、もともと10数年前にアメリカの学者が考案したゾーンダイエットに由来しています。ゾーンダイエットは、スポーツ選手に受け入れられ、オリンピックなどで成果を上げました。その後ハリウッドスターがゾーンダイエットを取り入れた為、ハリウッドダイエットと言われるようになりました。

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットは、炭水化物の摂取量を減少させ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。3食の内1食のご飯・パンを控え、高たんぱくの豆腐などを代わりに食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。
なお脳の活動には、1日90グラムの炭水化物が必要です。90グラムの炭水化物は、お茶碗約2杯分のご飯に相当します。

低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエット(低インスリンダイエット)は、インシュリン(インスリン)の分泌を抑制し、脂肪を蓄積させないダイエット法です。GI値(グリセミック・インデックス)の高い食物を控え、GI値の低い食物を代わりに食べます。主食である精白米・食パン・うどんを控え、玄米・小麦全粒粉パン・日本そばを代わりに食べます。また下記に記述されている食べて良い食品を積極的に食べ、食べない方が良い食品を控えます。

食べる順番ダイエット

食べる順番ダイエットは、食事の量を変えずに食べる順番を変え、脂肪を蓄積させないダイエット法です。最初に野菜・豆類・海草などの食物繊維を多く含む食品を食べます。次に肉類・魚などのたんぱく質と脂質を多く含む食品を食べます。そして最後にご飯・パン・麺類などの炭水化物を多く含む食品を食べます。

倖田來未ダイエット

倖田來未ダイエットは、歌手の倖田來未さんが実践しているダイエット法です。夕方6時以降食事をしません。夕方から夜間は、副交感神経の働きが活発になり、食物が脂肪として蓄積しやすくなります。夕方6時以降食事をしないことは、ダイエットの理にかなっています。
但し倖田來未ダイエットを実践する場合、現実的に夕方6時以降食事をしないことは難しいでしょう。ライフスタイルに合わせて、夕方6時を7時・8時などに変更して実践しましょう。また夕食の食事量を朝食・昼食より少なくするなど工夫をしましょう。ダイエットの為には、朝食重視に変更しましょう。

▲このページのトップへ

広告