ダイエット・レシピ!献立 > 飲料ダイエット

コントレックスダイエット

コントレックスダイエットは、ミネラルウォーターのコントレックスで痩せるダイエット法です。コントレックスは、フランスでは痩せる水と言われているそうです。また日本では、芸能人に愛飲され話題となっています。

赤ワインダイエット

赤ワインダイエットは、赤ワインを飲みながら食事をすることにより、満腹中枢を刺激するダイエット法です。赤ワインは、夕食時に1杯飲みながらゆっくり食事します。ゆっくり食事をすることにより、満腹中枢を刺激し、少量の食事でも満腹感を感じます。なお満腹中枢を刺激するには、20分以上掛けて食事する必要があります。噛む回数を増やしたり、箸休めも行ないながら食事をしましょう。なお赤ワイン1杯を必ず守りましょう。またアルコールには、食欲増進作用があるので注意が必要です。

ガルシニア茶ダイエット

ガルシニア茶ダイエットは、ガルシニア茶を飲み、脂肪の合成を抑制するダイエット法です。ガルシニア茶は、食事と一緒に飲みます。食事と一緒に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。

ゴーヤ茶ダイエット

ゴーヤ茶ダイエット(にがうり茶ダイエット)は、ゴーヤ茶の摂取と有酸素運動を組み合わせ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。ゴーヤ茶は、有酸素運動前に飲みます。有酸素運動により脂肪を効率よく燃焼させることができます。

ギムネマ茶ダイエット

ギムネマ茶ダイエットは、ギムネマ茶を飲み、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。ギムネマ茶は、食後30分以内に飲みます。本来なら食事と一緒に飲むと良いのですが、ギムネマ茶を飲むと甘さを感じにくくなります。つまり食事が美味しく感じられなくなるのです。その為ギムネマ茶は、食後30分以内に飲みましょう。

雪茶ダイエット

雪茶ダイエットは、雪茶の摂取と有酸素運動を組み合わせ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。雪茶は、有酸素運動前に飲みます。有酸素運動は15分以上行い、脂肪を効率よく燃焼させましょう。

緑茶ダイエット

緑茶ダイエットは、緑茶を飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。緑茶は、仕事などの活動前や有酸素運動前に1日500ミリリットル飲みます。活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事中に飲むと満腹中枢を刺激することもできます。なお緑茶に含まれるカフェインには、興奮・不眠などの作用があるので、午前中や昼間に飲みましょう。
茶葉をお茶として飲む場合、有効成分の30%程度しか利用できません。茶葉をミキサーなどで粉末にして飲めば食物繊維もとることができます。茶葉を有効に利用しましょう。

しょうが紅茶ダイエット

しょうが紅茶ダイエットは、しょうが紅茶を飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。しょうが紅茶は、紅茶に擦ったしょうがを入れ、1日に5杯前後飲みます。仕事などの活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事中に飲むと満腹中枢を刺激することもできます。なお紅茶に含まれるカフェインには、興奮・不眠などの作用があるので、午前中や昼間に飲みましょう。なおしょうが紅茶は、新陳代謝を活発にさせるしょうがの働きにより、紅茶だけより効率よく脂肪をさせることができます。
しょうが紅茶を飲む場合、砂糖・ミルクを使わないようにしましょう。なおしょうがは、チューブなどで販売されているもので大丈夫です。

紅茶ダイエット

紅茶ダイエットは、紅茶を飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。紅茶は、1日に5杯前後飲みます。紅茶は、仕事などの活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事前に飲むと満腹中枢を刺激することもできます。なお紅茶に含まれるカフェインには、興奮・不眠などの作用があるので、午前中や昼間に飲みましょう。
紅茶が苦手の方は、カフェインが含まれている玉露・コーヒーを飲みましょう。紅茶を飲む場合、砂糖・ミルクを使わないようにしましょう。市販の紅茶飲料では、無糖を選びましょう。

コーヒーダイエット

コーヒーダイエットは、コーヒーを飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。コーヒーは、1日に5杯前後飲みます。コーヒーは、仕事などの活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事前飲むと満腹中枢を刺激することもできます。なおコーヒーに含まれるカフェインには、興奮・不眠などの作用があるので、午前中や昼間に飲みましょう。
コーヒーは、ブラックにし、砂糖・ミルクは使わないようにしましょう。市販のコーヒー飲料では、ブラック・無糖を選びましょう。なおコーヒーが苦手の方は、日本茶・紅茶でもかまいません。玉露・紅茶には、コーヒーよりも多くのカフェインが含まれています。

プーアール茶ダイエット

プーアール茶ダイエット(プアール茶ダイエット)は、プーアール茶を飲み、脂肪・糖の吸収を抑制するダイエット法です。プーアール茶は、食事と一緒に飲みます。食事中に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。

ウーロン茶ダイエット

ウーロン茶ダイエットは、ウーロン茶を飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。ウーロン茶は、仕事などの活動前や有酸素運動前に1日500ミリリットル飲みます。活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事中に飲むと満腹中枢を刺激することもできます。なおウーロン茶に含まれるカフェインには、興奮・不眠などの作用があるので、午前中や昼間に飲みましょう。

杜仲茶ダイエット

杜仲茶ダイエットは、杜仲茶を飲み、脂肪の燃焼を促進させるダイエット法です。杜仲茶は、仕事などの活動前や有酸素運動前に飲みます。活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また食事中に飲むと満腹中枢を刺激することもできます。
杜仲茶は、10グラムの杜仲茶の茶葉をお茶にして飲みます。

にがり水ダイエット

にがり水ダイエットは、にがり水を飲み、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。にがり水は、食前・食事中などに1日1リットル飲みます。にがり水を食前・食事中に飲むことにより、満腹中枢も刺激できます。
にがり水は、ミネラルウォーターなど1リットルに対して、にがりを小さじ1杯程度加えて作ります。にがり水は200~300ミリリットルずつこまめに飲みましょう。

ウォーターダイエット

ウォーターダイエットは、水分摂取によりエネルギー消費や新陳代謝を促進させるダイエット法です。水分は、1日に2リットル摂取します。なお胃が一度に吸収できる水分の量は、200~300ミリリットルで、1時間あたり800ミリリットル程度と言われています。水分は、200~300ミリリットルに分けて摂取しましょう。

粉ミルクダイエット

粉ミルクダイエットは、粉ミルクを飲んで腹持ちを良くし、カロリーを削減するダイエット法です。朝食あるいは夕食を粉ミルクとサラダ中心の食事にします。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。
粉ミルクダイエットでは、赤ちゃん用またはダイエット用の粉ミルク60~70グラムに60~65度のお湯を入れ、溶かします。ミルク臭さを感じる方は、粉ミルクにコーヒー・ココア・抹茶などを入れましょう。サラダは、低カロリーの海草サラダが良いでしょう。

きな粉ココアダイエット

きな粉ココアダイエットは、ココアにより満腹中枢を刺激し、きな粉により脂肪・糖の吸収を抑制するダイエット法です。3食の内2食の食前にきな粉ココアを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。またきな粉の代わりに同じ大豆食品である豆乳と混ぜて飲む方法もあります。

ココアダイエット

ココアダイエットは、ココア飲み、満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内2食の食前にココアを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。ココアにきな粉・豆乳を混ぜて飲む方法もあります。

豆乳ココアダイエット

豆乳ココアダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制し、ココアにより満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳ココアを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
豆乳ココアは、豆乳にココアを混ぜたものです。なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

豆乳バナナダイエット

豆乳バナナダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制し、バナナにより腸内環境を改善するダイエット法です。3食の内1食か2食の食前30分前に豆乳バナナを飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
豆乳バナナは、豆乳とバナナをミキサーに掛けたものです。なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

豆乳ダイエット

豆乳ダイエットは、豆乳により脂肪・糖の吸収を抑制するダイエット法です。豆乳は、毎食30分前に飲みます。食前に飲むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。
なお豆乳には、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料がありまが、無調整豆乳を飲みましょう。

リンゴ酢ダイエット

リンゴ酢ダイエットは、リンゴ酢により脂肪を燃焼させるダイエット法です。リンゴ酢は、仕事などの活動前・有酸素運動前に飲みます。仕事前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。
リンゴ酢は、米酢・黒酢と比較するとツーンとする酸味臭が少なく、飲みやすくいのが特徴です。リンゴ酢は、水割りにして飲みましょう。

バナナ酢ダイエット

バナナ酢ダイエットは、黒酢により脂肪を燃焼させ、バナナにより腸内環境を改善するダイエット法です。バナナ酢は、仕事などの活動前・有酸素運動前に飲みます。活動前や有酸素運動前に飲むことにより、脂肪を効率よく燃焼させることができます。
バナナ酢は、バナナ100グラムと黒糖100グラムをビンに入れ、黒酢200ミリリットルを注ぎ作ります。そして電子レンジで30秒加熱(600ワットの電子レンジ)し、常温で一晩寝かせます。

しそ酢ダイエット

しそ酢ダイエットは、しそにより脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。しそ酢は、食事と一緒に飲みます。しそに含まれるロズマリン酸は、即効性があるので、ご飯・パンなどの炭水化物(糖質)と一緒に飲みましょう。またしそ酢をドレッシングや調味料代わりに利用する方法もあります。
しそ酢は、しその葉を擦りつぶし、こしながら黒酢に入れたものです。簡単に作れるので挑戦しましょう。

黒酢ダイエット

黒酢ダイエットは、黒酢の摂取と有酸素運動を組み合わせ、脂肪を効率よく燃焼させるダイエット法です。黒酢は、有酸素運動の30分前に飲みます。黒酢ダイエットは、アミノ酸を利用する点でアミノ酸ダイエットと同じメカニズムです。なお黒酢には、独特の香りがあるので、水割りやお湯割りにして飲みましょう。

▲このページのトップへ

広告