ダイエット・レシピ!献立 > 食事ダイエット

海草ダイエット

海草ダイエットは、海草により脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。海草ダイエットでは、わかめ・ひじき・昆布などの海草を積極的に食べます。食前に海草サラダやみそ汁にして食べるのがおすすめです。

野菜たっぷりダイエット

野菜たっぷりダイエットは、食物繊維の働きで肥満を防止するダイエット法です。1日3食バランスよく野菜や根菜などを食べ、現代人に不足している食物繊維を摂取します。海草もおすすめです。

根菜スープダイエット

根菜スープダイエットは、根菜により脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。3食の内1食に根菜スープを食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食がおすすめです。なお食前に根菜スープを食べることにより、満腹中枢を刺激することができます。

朝バナナダイエット

朝バナナダイエットでは、朝食に好きなだけバナナをよく噛んで食べるダイエット法です。朝食にバナナを食べることにより、体質が改善し、痩せやすい体質に変わるそうです。朝食を抜いた場合、代謝が低下し、エネルギーの消費効率が悪くなり、太りやすい体になります。なお朝食にバナナを食べるだけでなく、昼食・夕食・おやつにも注意事項があります。下記を参照して下さい。

ダイダイダイエット

ダイダイダイエットは、ダイダイにより脂肪の分解を促進するダイエット法です。ダイダイは、シネフリンが多く含まれている未成熟な果実を食べます。シネフリンは、多くの柑橘類に含まれていますが、成熟すると減少します。脂肪を効率よく燃焼させる為、ダイダイは仕事などの活動前や有酸素運動前に食べましょう。

青パパイヤダイエット

青パパイヤダイエットは、脂肪・たんぱく質を分解を促進するダイエット法です。青パパイヤに含まれるパパインの脂肪分解力は、酵素の中でもトップクラスです。

不飽和脂肪酸ダイエット

不飽和脂肪酸ダイエットは、現在使用している油を不飽和脂肪酸に代え、悪玉コレステロールを減少させるダイエット法です。不飽和脂肪酸は、オリーブ油・えごま油などに含まれています。不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを減少させる働きがあると言われています。またアルファリノレン酸を含む不飽和脂肪酸には、善玉コレステロールを増加させる働きがあると言われています。

えごま油ダイエット

えごま油ダイエット(しそ油ダイエット)は、現在使用している油をえごま油(しそ油)に代え、悪玉コレステロールを減少させるダイエット法です。えごま油に含まれているアルファリノレン酸は、酸化しやすいので、揚げ物や炒め物に使うよりマリネやドレッシングに使用しましょう。

酒粕ダイエット

酒粕ダイエットは、ご飯などの炭水化物と酒粕を一緒に摂取し、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。酒粕は、酒粕を使った粕汁や野菜や魚の粕漬けなどを食べましょう。

青魚ダイエット

青魚ダイエットは、アジ・イワシ・サンマなどの青魚を食べ、食欲を抑制するダイエット法です。青魚は、週3回程度生で食べます。生の青魚が嫌いな方は、酢などを利用すれば多少臭みを抑えることができます。

すぐき漬けダイエット

すぐき漬けダイエットは、すぐき漬けを食べ、腸内環境を改善するダイエット法です。すぐき漬けは、毎食10グラムを食べます。すぐき漬けには、独特の酸味があるので、苦手な方もいるかもしれません。最初は我慢して食べましょう。

そばダイエット

そばダイエットは、そばを食べ、カロリーを削減するダイエット法です。3食の内1食か2食にご飯の代わりにそばを食べます。そばは、食事時間が短くなる傾向があるので、ゆっくり時間を掛けて食べましょう。時間を掛けて食べれば、満腹中枢も刺激できます。
なおそばは、栄養が多く含まれている田舎そばを食べ、栄養が溶け出しているそば湯も飲みましょう。

ジンギスカンダイエット

ジンギスカンダイエットでは、ジンギスカン(羊肉)を食べ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。無理にジンギスカン(羊肉)を食べる機会を増やす必要はありません。肉を食べるならジンギスカン(羊肉)を食べようという感覚で考えましょう。なおジンギスカン(羊肉)を食べるならラムよりマトンを食べましょう。マトンの方がL-カルニチンが多く含まれています。

ハチミツダイエット

ハチミツダイエットは、砂糖をハチミツに代え、カロリーを削減するダイエット法です。ダイエットには、カロリーの削減が不可欠です。またハチミツは、昔から健康食品として利用され、健康に役立ちます。

唐辛子ダイエット

唐辛子ダイエットは、唐辛子の摂取と有酸素運動を組み合わせ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。唐辛子は、有酸素運動前に摂取します。ただし唐辛子をそのまま食べることはほとんどないでしょう。キムチやマーボー豆腐を食べましょう。なお唐辛子に含まれているカプサイシンは、一味唐辛子・七味唐辛子・タバスコ・ラー油・トウバンジャン・コチュジャンなどの調味料に含まれています。上手に利用しましょう。

ごまダイエット

ごまダイエットは、ごまを食べ、中性脂肪を減少させるダイエット法です。ごまは、1日に10グラム食べます。ご飯などに振り掛ければ簡単に摂取できます。なおごまは、食物繊維の硬い殻に覆われているので、有効成分を効率よく摂取する為に擦って食べましょう。なお酸化を防止の為に食べる直前に擦りましょう。

お粥ダイエット

お粥ダイエットは、お粥を食べ、低炭水化物(糖質)の摂取量とカロリーを削減するダイエット法です。3食の内1食にお粥を食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食に食べるのが良いかもしれません。お粥は、軟らいかので噛むことに適していません。しかし噛む回数が減少すれば、満腹中枢を刺激することができません。お粥は、満腹中枢を刺激する為にゆっくり食べましょう。

干瓢ダイエット

干瓢ダイエットは、かんぴょうを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。干瓢は、ご飯に混ぜたり、味噌汁の具として食べます。干瓢は、噛み応えがあり、満腹中枢を刺激することができます。また干瓢をご飯に混ぜれば、炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。

切干大根ダイエット

切干大根ダイエットは、切干大根を食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。切干大根は、ご飯に混ぜて食べます。切干大根は、食感がよく、噛む回数が増えて満腹中枢を刺激することができます。また切干大根をご飯に混ぜることにより、炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。
乾燥した切干大根は、20~30分ほど水で戻し、レンジで2分位加熱して利用しましょう。切干大根の量は、ダイエットに合わせて調整しましょう。

五穀米ダイエット(雑穀米ダイエット)

五穀米ダイエット(雑穀米ダイエット)は、雑穀を白米に混ぜて食べ、噛むことにより満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内2食に五穀米・雑穀米を食べます。雑穀を混ぜることにより、噛む回数が増え、満腹中枢を刺激することができます。満腹中枢を刺激できれば、少量の食事でも満腹感を感じます。五穀米・雑穀米を食べることにより、炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。

麦飯ダイエット

麦飯ダイエットは、麦(押し麦)を白米に混ぜて食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内2食に麦飯を食べます。麦飯は、噛み応えがあり、噛む回数が増え、満腹中枢を刺激することができます。満腹中枢を刺激できれば、少量の食事でも満腹感が感じられます。また麦飯を食べることにより炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。
麦飯は、麦(押し麦)1に対して白米3の割合で炊きましょう。また慣れてきたら麦と白米の分量を変えて大丈夫です。

玄米ダイエット

玄米ダイエットは、玄米を食べ、噛むことにより満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内最低2食に玄米を食べます。玄米は、白米より硬く、噛む回数が増え、満腹中枢を刺激することができます。満腹中枢を刺激できれば、少量の食事でも満腹感を感じられます。なお玄米には、独特の臭いがあり、最初は抵抗があるかもしれません。炊き方を工夫しましょう。

発芽玄米ダイエット

発芽玄米ダイエットは、発芽玄米を食べ、カロリーを削減するダイエット法です。3食の内最低2食に発芽玄米を食べます。発芽玄米は、同量の白米と混ぜて炊きます。なお発芽玄米と白米の分量は、ダイエットに合わせて変えて大丈夫です。
発芽玄米は、玄米を水につけて、1ミリ程度発芽させたものです。玄米を発芽させることにより、玄米より食べやすくなると同時にビタミン・ミネラルが増え、カロリーが減少します。

サツマイモダイエット

サツマイモダイエットは、サツマイモを食べ、カロリーを削減するダイエット法です。3食の内1食か2食にご飯に代えてサツマイモを食べます。蒸したサツマイモ100グラムは125キロカロリー、ご飯100グラムの148キロカロリーよりも低カロリーです。ダイエットにはカロリーの削減は欠かせません。またサツマイモを食べることにより、炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。

フルーツダイエット

フルーツダイエットは、朝食に好きなフルーツを好きなだけ食べるダイエット法です。しかし朝食と昼食の間は、水だけで過ごす必要があります。なお昼食・夕食には、食事制限はありません。ただ昼食・夕食に肉や魚を食べる場合は、同じ分量の野菜を食べるように心掛けましょう。

グレープフルーツダイエット

グレープフルーツダイエットは、グレープフルーツの香りにより脂肪を燃焼させるダイエット法です。朝食または夕食にグレープフルーツ中心の食事をします。脂肪の燃焼を考えると仕事などの活動前の朝食が良いでしょう。グレープフルーツダイエットは、先ずグレープフルーツ1個とコップ1杯の豆乳を飲みます。もし空腹感があるなら野菜サラダを食べましょう。なお脂肪を燃焼させる為、必ずグレープフルーツの香りを嗅ぎましょう。

あんパンダイエット

あんパンダイエットは、あんパンを食べ、血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。朝食に食パンの代わりにあんパンを食べます。あんパンだけでは、栄養のバランスが良くないので、野菜サラダ・スープも一緒に食べましょう。

チョコレートダイエット

チョコレートダイエットは、チョコレートを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。チョコレートは、毎食30分前に食べます。1日に食べる量は50グラムです。チョコレートは、食事の回数に合わせ、配分しましょう。食べ過ぎは禁物です。なおチョコレートは、カカオの含有量が70%以上で、糖分・脂肪分の少ないものを選びましょう。

おろし納豆ダイエット

おろし納豆ダイエットは、おろし納豆を食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。おろし納豆は、食前に食べます。食前に食べれば満腹中枢を刺激することができます。なおおろし納豆は、噛むのに適さないので、ゆっくり時間を掛け食べましょう。ゆっくり食べることにより、満腹中枢を刺激することもできます。
おろし納豆ダイエットは、納豆に大根おろしを混ぜたものです。大根は、酸化されないよう食べる直前にすりましょう。

納豆キムチダイエット

納豆キムチダイエットは、納豆キムチを食べ、脂肪の燃焼を促進するダイエット法です。納豆キムチは、毎日1回食べます。脂肪の燃焼を考えると仕事などの活動前や有酸素運動前に食べるのが最適です。仕事などで臭いが気になる方は、食べるタイミングを調整しましょう。
納豆キムチは、納豆とキムチを良く混ぜ、常温で一晩置きます。一晩置くことにより、乳酸菌が増加します。乳酸菌には、腸内環境を改善する働きがあると言われています。ただし夏場は、食べる前に必ずチェックしましょう。

きのこダイエット

きのこダイエットは、きのこを食べ、カロリーを削減するダイエット法です。きのこは、ハンバーグの代わりにしいたけの肉詰めなどを食べます。しいたけの肉詰めを食べることにより、肉の摂取量が削減できます。またきのこご飯・きのこスープなどいろいろの料理に挑戦しましょう。

ひじきダイエット

ひじきダイエットは、ひじきを食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。ひじきは、ご飯やハンバーグなどの肉類に混ぜて食べます。ひじきを増量材として利用するば、炭水化物(糖質)や脂肪の摂取量が削減できます。またひじきは、弾力性があり噛むことにより、満腹中枢を刺激することもできます。

ガゴメ昆布ダイエット

ガゴメ昆布ダイエットは、ガゴメ昆布を食べ、新陳代謝を活発にするダイエット法です。ガゴメ昆布は、1日2グラムを食べます。なおガゴメ昆布を食べ過ぎると甲状腺疾患になる方もいるので、食べ過ぎには注意しましょう。

わかめダイエット

わかめダイエットは、わかめ麺を食べ、カロリーの削減と脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。わかめ麺は、3食の内1食に食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。
わかめ麺は、乾燥わかめをミキサーで粉状にして、寒天で固めたものです。もしわかめ麺を作るのが手間ならわかめの味噌汁・スープに置き換えましょう。またわかめの海草サラダも良いかもしれません。1日に生わかめ50~100グラムを食べましょう。

スキムミルクダイエット

スキムミルクダイエットは、スキムミルク入りヨーグルトを食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。スキムミルク入りヨーグルトは、毎食前に食べます。食前に食べることにより満腹中枢を刺激し、食事量を削減できます。
スキムミルク入りヨーグルトは、無糖のヨーグルト100グラムに対してスキムミルク15~20グラムを加えて作ります。その後室温(20~30度)で半日ほど置くとヨーグルトに含まれる乳酸菌が増えます。

ビール酵母ダイエット

ビール酵母ダイエットは、ビール酵母入りヨーグルトを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内1食の食前にビール酵母入りヨーグルトを水分と一緒に食べます。脂肪の蓄積を考えると夕食が良いでしょう。また毎食前に少量食べる方法もあります。
ビール酵母入りヨーグルトは、ヨーグルト100グラムに対して大さじ1杯のビール酵母を入れ、よくかき混ぜて作ります。

ドライフルーツダイエット

ドライフルーツダイエットは、ドライフルーツを噛むことにより満腹中枢を刺激するダイエット法です。ドライフルーツは、1日80キロカロリー分食べます。ドライフルーツは、水分が少なく噛み応えがあり、満腹中枢を刺激することができます。食事量の削減を考えると食前に食べるのが良いでしょう。また朝食代わりにドライフルーツとヨーグルトを食べる方法もあります。

ヨーグルトダイエット

ヨーグルトダイエットは、ヨーグルトとドライフルーツを食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。毎食前にヨーグルト100~150グラムとドライフルーツを一緒に食べます。食前に食べることにより、満腹中枢を刺激することができます。またドライフルーツをよく噛むことによっても満腹中枢を刺激することができます。
なおヨーグルトは、低脂肪・低糖のプレーンタイプにしましょう。

みそ汁ダイエット

みそ汁ダイエットは、みそ汁を飲み、満腹中枢を刺激するダイエット法です。3食の内2食の食前にみそ汁1杯を飲みます。食前にみそ汁を飲むことにより、満腹中枢を刺激することができます。みそ汁の具には、食物繊維が豊富なタマネギやワカメなどが良いでしょう。なおみそは、高血圧の予防の為、減塩のものを選びましょう。

酢大豆ダイエット

酢大豆ダイエットは、酢大豆を食べ、脂肪の燃焼を促進させると同時に脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。酢大豆は、朝夕に10~20粒食べます。脂肪の燃焼を考えると仕事などの活動前や有酸素運動前に多めに食べましょう。有酸素運動前に食べれば、脂肪を効率よく燃焼させることができます。
酢大豆は、黒酢に大豆を1週間程度漬けたものです。酢大豆は、簡単に作れるので挑戦しましょう。

小豆ダイエット

小豆ダイエットは、小豆を白米に混ぜて食べ、脂肪の蓄積を抑制するダイエット法です。3食の内1食は小豆を白米に混ぜて食べます。小豆を白米に混ぜることにより、噛む回数が増え、満腹中枢を刺激することができます。満腹中枢を刺激できれば、少量の食事でも満腹感を感じます。また炭水化物(糖質)の摂取量も削減できます。

黒豆ダイエット

黒豆ダイエットは、黒豆により脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。黒豆は、1日に乾燥状態で30グラムを食べます。黒豆と言えばお正月の黒豆の煮物かもしれません。しかし上手く煮るのは難しいようです。スーパーなどで販売されている黒豆の煮物を上手に利用しましょう。

大豆ダイエット

大豆ダイエットは、大豆を食べ、脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。3食の内1食を大豆中心の食事にします。欧米化された食事を以前日本人が食べていた食事に戻すと考えましょう。大豆中心の食事には、大豆・根菜・コンニャクなどを使った煮物が良いでしょう。煮物にすることにより噛む回数を増やし、満腹中枢を刺激することができます。納豆・豆腐などの大豆食品も上手に利用しましょう。

高野豆腐ダイエット

高野豆腐ダイエットは、高野豆腐を食べ、脂肪を燃焼させるダイエット法です。3食の内1食に高野豆腐2丁を食べます。脂肪を効率よく燃焼させるには、仕事などの活動前や有酸素運動前に食べましょう。朝食や有酸素運動前に食べるのが最適です。

豆腐ダイエット

豆腐ダイエットは、豆腐を食べ、カロリーを削減するダイエット法です。3食の内1食を豆腐中心の食事にします。豆腐料理では、マーボー豆腐やチゲ鍋が簡単かもしれません。また豆腐や野菜を入れた味噌汁も良いかもしれません。豆腐を利用していろいろの料理に挑戦しましょう。

おからコンニャクダイエット

おからコンニャクダイエットは、肉代わりにおからコンニャクを食べ、カロリーを削減するダイエット法です。おからコンニャクの食感は、肉そっくりです。しかしカロリーは、鶏もも肉の約20分の1です。食物繊維は、レタスの約4倍も含まれています。
おからコンニャクは、次のように作ります。
・粉コンニャク40グラムにぬるま湯800ミリリットルを加え、混ぜる。
・生おから約300グラムを入れ、手早く混ぜる。
・溶き卵1個と水で溶かした水酸化カルシウムを入れ、こねる。
・適当な大きさにし、沸騰したお湯で30分茹でる。

おからダイエット

おからダイエットは、おからにより脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。おからは、ご飯やハンバーグなどに混ぜて食べます。ご飯やハンバーグに混ぜれば、ご飯や肉の増量材となり、炭水化物(糖質)や脂肪の摂取量が削減できます。

水煮トマトダイエット

水煮トマトダイエットは、水煮トマトにより代謝を上げて脂肪を燃焼させるダイエット法です。水煮トマトは、毎日食前に1個(200グラム)を食べます。食前に食べることにより、満腹中枢を刺激することができます。また水煮トマトをパスタのソースなどに利用する方法もあります。水煮トマトダイエットは、焼きトマトダイエットと同じ効果があります。

焼きトマトダイエット

焼きトマトダイエットは、焼きトマトにより代謝を上げて脂肪を燃焼させるダイエット法です。3食の内1食の食前に焼きトマト1個を食べます。食前に食べることにより、満腹中枢を刺激することができます。
焼きトマトは、トマトをコンロなどで焼いたものです。なおトマトは、焼くだけでなく、煮たり、炒めたりしても同じ効果があります。そして一度過熱すれば、冷めても効果は変わりません。

スープダイエット

スープダイエットは、野菜スープを食前に飲み、満腹中枢を刺激するダイエット法です。野菜スープは、夕食の食前に飲みます。なお毎食前に野菜スープを飲んでも大丈夫です。食前に野菜スープを飲むことにより、満腹中枢を刺激し、少量の食事でも満腹感を感じます。満腹中枢を刺激する為には、スープはゆっくり時間を掛けて飲み、具はよく噛んで食べましょう。野菜スープは、生の状態より野菜を多く食べられることが魅力です。

もやしマヨネーズダイエット

もやしマヨネーズダイエットは、もやしマヨネーズを食前に食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。もやしマヨネーズは、夕食の食前に食べます。食前に食べることにより、満腹中枢を刺激することができます。もやしマヨネーズは、もやしの触感を楽しみながらよく噛み、ゆっくり食べましょう。よく噛めば満腹中枢も刺激することができます。
もやしマヨネーズは、もやしを茹でるか、または炒めてマヨネーズをかけたものです。

もやしダイエット

もやしダイエットは、もやしを食べ、カロリーを削減するダイエット法です。3食の内1食をもやし中心の食事にします。もやしを入れた野菜炒めやサラダなどを食べましょう。またラーメンや焼きそばの麺を減らし、もやしを増やすのも良いかもしれません。もやしはスーパーなどで手軽に購入でき、価格が手頃なのが魅力です。もやしは、ダイエットに優しい食材です。

玉ねぎダイエット

玉ねぎダイエットは、玉ねぎにより脂肪の吸収を抑制するダイエット法です。玉ねぎは、味噌汁やスープの具にして食べるのが簡単かもしれません。玉ねぎをスライスにして、サラダとして食べるのも簡単です。また玉ねぎをジュースにして飲む方法もあります。
玉ねぎジュースは、玉ねぎを電子レンジで加熱(400ワット5分間位)し、冷ました後に水と一緒にミキサーにかけたものです。もし飲みずらければ、オレンジジュースや蜂蜜などで味を調整しましょう。

寒天ダイエット

寒天ダイエットは、寒天を食前に食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。寒天は、毎食前に食べます。食前に食べることにより満腹中枢を刺激できます。なお寒天は、噛むのに適さないので、ゆっくり時間を掛けて食べましょう。
寒天は、ジュースに入れて食べます。ジュースの種類をオレンジ・アップル・トマト・野菜に変えると味に変化ができ、飽きを防止できます。寒天に果物・野菜を混ぜるより、何といっても簡単です。時間のある方は、寒天に季節の果物や野菜を混ぜ、寒天を作りましょう。

コンニャクダイエット

コンニャクダイエットは、コンニャクを食前に食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。コンニャクは、毎食前に水分と一緒にゆっくり食べます。水分と一緒に食べることにより胃の中で膨張し、満腹感を感じます。また食前に食べることでも満腹中枢を刺激できます。
なおコンニャクには、ほとんど味がないので飽きるかもしれません。味付けなどの工夫をしましょう。またラーメン・うどん・そば・焼きそば・スパゲティなどの麺類の全部、あるいは一部を糸コンニャクに置き換えて食べる方法もあります。

キャベツダイエット

キャベツダイエットは、キャベツを食前に食べ、満腹中枢を刺激するダイエット法です。キャベツは、毎食前に1個の6分の1を10分掛けて食べます。時間を掛けて食べれば満腹中枢を刺激することができます。キャベツは、生あるいはノンオイルドレシングで食べます。なおおやつが食べたくなったらおやつ代わりに生キャベツを食べましょう。
キャベツダイエットには、基本的に厳しい食事制限はありません。1日にたんぱく質70グラムを取ることだけを注意しましょう。たんぱく質が不足すると筋肉が落ち、基礎代謝が低下してエネルギー消費が少なくなります。つまり痩せにくい体になるのです。筋肉を落とさない為には、運動(無酸素運動)を心掛けましょう。

▲このページのトップへ

広告